日本語の奥深さや微妙さに惹かれて。書き散らすだけは酷い。

『数学作文礼節』を読んでから、作文が綺麗になった気がする。
でも、それはあくまで、感覚です。自分でそれほど思っているにすぎない。
利益は、単価で表現されるので、綺麗な作文を書いて単価をあげたい。
とくに、今日1文1円でやる皆さん。
尚更、目的がほしい。高単価の。
でも、どうしても耐え難いのだな。ライフはうまくいかないから。

けれども、その他の書き散らしておるだけの書き手に見比べたら、
あたしはがんばって掛かるクライアントではないだろうか。
毎日、どりょくもしている。
とくに最近は、ひらがなと漢字のバランスを考えながら書いている。
読みやすさにものすごく差がでてくるからです。

そのてんを考えると、最近はバランスがぐっすりなってきたとも当てはまる。
良い、と良い、の使い分けなども引っかかる。何がいいなのでなにが良いなのか、
日本語のつかいわけをまだまだ引っかかる。
毎日新聞校正集団のTwitterなどもみている。甚だ勉強になる。もう一度綺麗な作文が
記せるようになったらな。ベルタ酵素 薬局