子どもの世界はまだ狭いからこそ、大人が味方してあげないと

ここのところ、ニュースで大きな話題になっているのが、担任や副担任による強い叱責で中学生が自殺したという事件です。
まだ若い子どもが自殺したというニュースは、いつも悲しく、そして言い表せないような苦い後味を残します。
今回も、とても残念と言えばいいのか、いたたまれない気持ちにさせられた事件でした。
自分の意思で考えて、行動し、そして生活するようになれば、社会やいろいろな人との多くの接点を持つようなことになります。
しかし、中学生・高校生くらいまでの年代というのは、家族と学校と、それらに強いつながりがある人たちと言うのが世界のすべてです。
そういう世界にいる中で、教師に強い不審を抱くと言うのがどれだけ悩ましいことかというのは誰でも想像できるでしょう。
この事件についての詳細を聞けば聞くほど、少年の気持ちを慮ろうという努力の欠如が浮かんでくるような気がします。
それも、これからの子供の未来を育む学校という場所で起きたということが本当に残念でなりません。
どうか今後、こうした犠牲が増えないように、学校や教育のありかたというものを見つめ直してもらいたいと思います。ミュゼ web 最安値